オフィス G-FIX のブログへようこそ!

『私たちにとっての文化とは,魚にとっての水のようなものだ。
私たちはそこに生き,そのなかで呼吸している』

ー「異文化の波」(F.Trompenaars / C.Hampden‐Turner)

慣用句

【慣用句】「憮然 (ぶぜん)=怒っている様子」じゃない?

普段何気なく使っている慣用句でも、自分では気づかないうちに本来の意味と取り違えて使っていることも少なくありません。この記事ではそうした慣用句の一例として、「憮然としている」という表現が何を意味しているのかについて取り上げました。
慣用句

【慣用句】「雨模様=雨が降っている」ではない?

普段何気なく使っている慣用句ですが、実は意味を間違えて覚えてしまっていることも少なくありません。さらに、以前は誤用だとされていた意味が今では許容されていることも。そんな表現の一例として、「雨模様」が意味しているのは何かについて取り上げました。
名言

人類の歴史より古い「数」

小説『博士の愛した数式』から、事故で記憶障害を負った元数学教授の“博士”が「数」について語った言葉をご紹介します。
スポンサーリンク
異文化コミュニケーション

「共通語としての英語」=「英語的思考」ではない

母語が違う人同士がコミュニケーションをとるため世界中で使われている英語。しかしその場合、「英語」を話しているからといって「英語的思考」を持っているとは限りません。母語のロジックという視点から、異文化コミュニケーションの注意点を考えます。
英語学習

“Could” は「できる」の過去じゃない?

日本語では「~できた」という表現を多く使いますが、多くの場合「can」の過去形の「could」を使うと不自然になってしまいます。日本語のニュアンスを英語でどう出せばいいのか、違和感のある英語にならないよう使い分けるコツについてお伝えします。
書評

【書評】『百年泥』石井遊佳 著 (新潮文庫)

2017年下半期の芥川賞を受賞した石井遊佳著『百年泥』。100年に1度の大洪水で氾濫した川が残した大量の泥が呑み込んでいたものとは?インドで日本語教師として奮闘する主人公の語りで進む不思議な物語を、異文化理解という視点も含めながらレビューしました。
2021/04/15
英語学習

「Anything」と「whatever」の違いは?

「なんでもいい」と言う時に「anything」以外の表現も使いたい。そこで候補になる「whatever」ですが、この語を単体で使う場合と文中で使う場合とでは意味合いが変わってしまうという落とし穴が。ニュアンスの違いと使い分けについてお伝えします。
2021/01/27
英語学習

「分かりません」を英語で言うときの使い分け

文脈によって単語の意味合いが変わる日本語では同じ言葉を使い回しできることも多いですが、英語だとそれぞれの状況に応じて使い分けが必要な場合もよくあります。日常会話でも使用頻度の高い「分かりません」という表現の使い分けについてお伝えします。
2020/10/01
異文化コミュニケーション

「関西弁は海外で通じる」説を検証してみた

「関西弁は外国でも通じる?」ウソみたいな話ですが、実際にそうした現場を目撃した、あるいは自分自身がひたすら関西弁で何とかなったという経験をお持ちの方もいるでしょう。なぜ関西弁が海外で“通じる”ことがあるのか、コミュニケーションの視点から考えます。
2020/09/22
\Office G-FIX をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました