表現

慣用句

【慣用句】「役不足=能力が足りない」という意味じゃない?

普段何気なく使っている慣用句ですが、実は意味を間違えて覚えてしまっていることも少なくありません。間違えると全く正反対の意味になることも。そんな表現の一例として、「役不足」が意味しているのは何かについて取り上げました。
慣用句

【慣用句】「憮然 (ぶぜん)=怒っている様子」じゃない?

普段何気なく使っている慣用句でも、自分では気づかないうちに本来の意味と取り違えて使っていることも少なくありません。この記事ではそうした慣用句の一例として、「憮然としている」という表現が何を意味しているのかについて取り上げました。
2021/08/11
慣用句

【慣用句】「雨模様=雨が降っている」ではない?

普段何気なく使っている慣用句ですが、実は意味を間違えて覚えてしまっていることも少なくありません。さらに、以前は誤用だとされていた意味が今では許容されていることも。そんな表現の一例として、「雨模様」が意味しているのは何かについて取り上げました。
2021/08/11
英語学習

“Could” は「できる」の過去じゃない?

日本語では「~できた」という表現を多く使いますが、多くの場合「can」の過去形の「could」を使うと不自然になってしまいます。日本語のニュアンスを英語でどう出せばいいのか、違和感のある英語にならないよう使い分けるコツについてお伝えします。
英語学習

「Anything」と「whatever」の違いは?

「なんでもいい」と言う時に「anything」以外の表現も使いたい。そこで候補になる「whatever」ですが、この語を単体で使う場合と文中で使う場合とでは意味合いが変わってしまうという落とし穴が。ニュアンスの違いと使い分けについてお伝えします。
2021/01/27
英語学習

「It’s OK」と「That’s OK」の違いは?

英語で話しかけられると、つい緊張して「オーケー」を連発しがちですよね。でも、「OK」という語は使い方次第で微妙なニュアンスも表せる便利な言葉です。この記事では、会話例を示しながら感覚的に使い分けるためのポイントをお伝えします。
2021/02/25
タイトルとURLをコピーしました